2010年02月27日

へき地の医師への住宅補助を強化―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は、へき地の医師・看護師が住宅を新築・増改築する際の補助を強化することを決めた。2月25日の「へき地保健医療対策検討会」で明らかにした。

【「医療施設等施設整備費補助金の対象の限度となる面積」詳細】


 これまでの同検討会での意見などを受けて、同日までに財務省との調整を終え、「医療施設等施設整備費補助金」の交付要綱を改定した。2010年度から適用する。
 改定によって、過疎地域特定診療所を含むへき地の診療所などの医師・看護師、へき地医療拠点病院の医師への住宅補助について、限度となる面積をいずれも80平方メートルにまで拡大する。改定前は、診療所の医師・看護師住宅が50平方メートル、医療拠点病院の医師住宅が64平方メートルだった。補助率は2分の1で変わらないが、1平方メートル当たりの限度額をそれぞれ1.8%引き上げる。


【関連記事】
へき地勤務医へのインセンティブを強化―長妻厚労相
報告書の骨子案を提示―へき地保健医療対策検討会
へき地診療所の過半数が支援機構と「かかわりなし」
新たなへき地保健医療対策の議論、始まる
第11次へき地医療計画策定へ検討会―厚労省

長妻厚労相と社保審委員らが異例の意見交換(医療介護CBニュース)
30府県がプラス予算=経済対策を積極計上−時事通信集計(時事通信)
<八ッ場ダム>自民、民主側に4925万円 受注業者が献金(毎日新聞)
【お財布術】「ネットスクール」編 一流講師とマイペースで(産経新聞)
五木寛之さんが直木賞選考委員辞意(時事通信)
posted by モトスギ コウキチ at 07:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。